検索

飯泉あやめ 絵画展 〜生きていることの狂気的幸福〜

更新日:7月6日

つくば市古来 珈琲倶楽部なかやま併設のレンタルギャラリー JIN

イベントのご案内です


【飯泉あやめ 絵画展 〜生きていることの狂気的幸福〜】


「苦しいのと喜びが同時に込み上げる。口を結び、死を光にして、直視。全てはわたしに丸ごと呼吸をさせ、描かせる力になる。」

鮮烈は色彩と内部の振動、生きる力を欲する全ての方へ。


身の回りの自然を感じて、ボーッとしているのが好き。窮屈になった頭や心や体をほぐし、解放してくれる。太陽の光は世界の美しさを知らせ、わたしを暖かくしてくれる。いい気持ちになって、人間界に戻れるんだ。


この世界は愛と知恵でできているなあ。励まし合って、いろんな道具を作って、暮らしをよくしている。


それでも、生きることは相変わらずに苦しい。幸せとも感じる。最近は、いわゆる良い面も悪い面も、その間の複雑なところも、心に共存しているのを豊かと呼ぶようになった。あまりに満たされすぎて、消えてしまいそうになる。わたしは問う。もし本当に死んでしまうのなら?


その瞬間、起こる。魂の空虚から風がうねり吹いてくる。水が湧き、世界が照らされ、腹が熱を帯びる。全てが生きろと訴えかけてくる。昔は狂気にかられた。今は目を思い切り見開いて、自分を強く持って彼らを直視するんだ。描くために。


------------------------------------

◼︎日時  2021年8月19日(木)〜8月30日(月)  11時〜18時

 ※8月24日(火)は定休日です


◼︎会場  珈琲倶楽部なかやま併設 Gallery Jin  (つくば市古来1420-1 map


◎作家は毎日在廊します。 ◎会場の珈琲倶楽部なかやまさんでは、美味しい珈琲や紅茶、お食事をお楽しみ頂けます。是非ご利用下さい。


------------------------------------

◼︎飯泉あやめ Ayame Iizumi

生きる力の芸術家、画家 幼少期から死と自然界を意識し、生きるとは何かという根源的な問いと腹に持ち続けた。感情・感覚・精神活動・思想の全てがあやめの創造のパワーとなり、生まれた作品は強烈な生命力を放つ。膨張する世界観は平面を溢れ、近年は壁画やパフォーマンスに表現を拡大し続けている。

◼︎飯泉あやめWebサイト








142回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示